#MD0015

毛玉ができやすいのはどういう生地なのか。この正体がわかると、避ける方法は一つ、柔らかさを諦めるというところである。硬い生地なら毛玉が起きにくい。それは毛羽が表面に出やすい生地ほど、柔らかいという感覚を感じやすいからだ。

しかしそれは落ち感やとろみを諦めるということと同義ではない。しっかりと密度が高い糸でも落ち感やとろみは作ることができる。そういうことを海外でもできるという実験的な生地だ。

生地規格
145cm幅 40m乱 コットン100% 170g/m2

参考価格(海外製のため24反/色程度)
¥730/m
中国製